葬儀の種類
2017.06.22

拝む一昔前ならば、葬儀となれば隣近所、一族郎党総出で祭のような壮大さで執り行う物でした。もちろん現代でも社葬や国葬、地方の旧家・素封家ではそれぞれの決まりに則った、盛大な式が行われることと思います。しかし全てのサービスがそうであるように、最近の葬儀サービスには多様化がみられます。テレビで先ごろ紹介された葬儀は船橋のものでしたが、現代では送る側の「想い」や事情を考慮した葬儀を選べる時代になりました。
では、具体的にはどんな葬儀の形を選べるのでしょうか? いくつか例をご紹介しましょう。まず、いわゆる「一般葬」。家族や親族だけではなく、故人の友人知己縁者、例えば趣味の仲間や職場関係者にも会葬してもらう、従来型のお葬式です。この方式は実はかなり合理的で、家族葬よりも費用負担が少ない場合もあります。
先にあげた「社葬」や「合同葬」。「社葬」は企業が喪主となって行い、「合同葬」は企業と喪家が合同で行う物です。大抵大規模な葬儀になりますから、葬儀社選びは慎重に行う必要があります。「家族葬」は別の稿でも詳しく紹介しましたね。家族葬のプランは、人数などの条件が葬儀社によって異なりますので、確認をお忘れなく。
「家族葬」に似た形式で「密葬」という物がありますが、これは遺族や親族など故人をよく知る人だけで集まり、広く告知することなく、密やかに行う葬儀のことです。儀式めいたことを苦手とする方が、簡素、簡略に葬儀を済ませて欲しいと遺言する場合もあります。その場合、通夜を省略して葬儀のみを行う「一日葬」、葬式をせずに火葬のみで済ませる葬儀「直葬」という手段がありますが、これはあとあと禍根を残すこともありますので、費用面だけでこの形式を選ぶのはやめましょう。
形式にとらわれず、自由な葬儀スタイルが良いなら「音楽葬」や「自由葬」と呼ばれるものもあります。または「お別れ会」や「偲ぶ会」と呼ばれる場合もありますね。故人と親しかった友人の方々が集い、故人の思い出を語り、遺された者同士の旧交を温める会にもなります。
密葬や直葬と組み合わせたり、会費制にしたりするケースもあります。その他、故人が生前から信仰していた宗教がある場合は、その宗教儀礼にのっとった葬儀を行うべきですし、葬儀を行う会場に合わせた葬儀形式の選び方、いっそのことまったく新しい方法を考えるのもありかもしれません。ともかく葬儀は送る側の気持ちが何よりも大切です。後で悔やまないように、心のこもった葬儀を選びたいものです。

▲ ページトップへ