信頼の葬儀会社

第1位 昭和セレモニー

  • 式後も安心のアフターフォローで充実のトータルサポート

  • 多数のご葬儀プランと選べる豊富なオプション

  • 最後まで同スタッフが担当するからこその安心感

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

昭和セレモニーに対するみんなの口コミ

身内の急な不幸。何を準備したらいいのか、何から始めたらいいのか、チンプンカンプンだった私がふと見つけたサイトがこちらです...
父の葬儀で昭和セレモニーさんに依頼しました。急な出来事で恥ずかしながら何もできなかった私に担当スタッフの方はいつでも礼儀...
妻の葬儀でこちらを利用しました。担当の方は礼儀正しく、必要な準備などをしっかりと説明してくださり、私も落ち着いて行動する...

年間約3000件の実績で確かな信頼

一級葬祭ディレクターが県内最多数在籍している昭和セレモニーは、創業から50年以上、数多くの顧客に選ばれ続けています。地域ご依頼件数No.1の年間約3000件の実績を誇り、確かな信頼を得ています。

第2位 藍典礼

  • 女性ならではの視点で提供する家族葬のサービスです

  • 時代やニーズに合ったさまざまなプランがあります

  • 葬儀の写真アルバムを無料で作成していただけます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

藍典礼に対するみんなの口コミ

何もわからなかった私に自然にサポートしていただきました。慣れないことで大変でしたが、こちらの行き届いたサービスに感心する...
すごく親身になって葬儀をお手伝いくださいました。もっと事務的なものかと思いましたが、こちらの事情やそれぞれ分かれていた感...
藍典礼さんはとても意見が言いやすく的確なアドバイスも頂けたので、希望に沿ったものをスムーズに取り決めていくことができまし...

葬儀はすべて女性でお世話します

藍典礼はお世話がすべて女性なので、男性が苦手な方でも安心です。もちろん男女関係なく、女性らしい配慮の行き届いたサービスで葬儀に関することを進めていくことができます。

第3位 セレモ

  • 葬儀の前も後も、サポートが充実しています

  • スタッフ一人ひとりが専門な知識を持っています

  • 認定資格を持ったスタッフが在籍しています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

セレモに対するみんなの口コミ

細かい希望も聞いて下さり、故人好きな色でのお花をたくさん使うことができました。また車の運転などにもとても丁寧さを感じるこ...
足の悪い祖母にも大変気を配って下さり感謝しています。はじめて喪主となり不安しかなかったのですが、こちらでしっかりとサポー...
大切な人が亡くなり精神的に不安定な中、セレモさんのスタッフさんには本当に助けられました。なんとか喪主をつとめられたのも、...

故人を偲ぶ葬儀や法要のサポート

セレモでは葬儀だけではなく、法要などのサービスも提供しています。どちらも故人を思う気持ちに寄り添う万全の内容から、選んでいくことができます。

第4位 心に残る家族葬

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

家族葬なら特化しているこちらです

心に残る家族葬では、家族葬を主に取り扱っています。専門性の高いアイデアがあるので、より家族や親族の心に添い、故人らしさを比較的自由に演出することもできます。

第5位 かすみ式典

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

必要なものだけを適正価格で提供しています

かすみ式典は地域に特化した小規模な葬儀屋です。一つひとつの葬儀を丁寧に、また細かい要望も取り入れてくれます。

家族葬とは

御霊前「家族葬」とは、読んで字のごとく、家族や親族などの内輪だけで行う葬儀のことで、「密葬」と呼ばれている形式のものが最も近いかもしれません。比較的新しい葬儀の形式で、テレビで放映された家族葬は船橋のものでしたが、それで一般に知られるようになりました。
家族葬が望まれるようになった背景としては、日本の高齢化が顕著になり、仕事を引退してから亡くなるまでの期間が長くなるにつれ、仕事関連の付き合いのある方々の葬儀への参列が減ってきて、近親者のみの葬儀でおさめる、または事足りるようになったと言う事があるようです。また、こちらも同じく高齢化の影響ですが、介護施設などで亡くなる方も増えてきた近年では、訃報を伝える相手も少なくなり、結果、家族や縁者だけが参列する葬儀、すなわち「家族」葬になる場合が多いと言われています。
その流れをくんで、葬儀社でも家族葬プランを組むところが多くなっています。とは言え、家族葬に特別なしきたりがあるわけではありません。故人の好きな音楽を流したり、家族全員で想い出の写真を眺めたり語ったりしながら、大切な人との別れを、できるだけ故人と家族の想いにそう形で行えばよいのではないでしょうか。

家族葬の流れ

立派なお墓家族葬は船橋でのものがテレビで紹介され一般的になりましたが、家族葬の流れとはどんなものでしょうか?まず「葬儀」と「告別式」。これはどんな葬儀でも共通するものです。家族葬の場合は家族や近親者のみで通夜を済ませたのち、納棺を済ませて葬儀と告別式を行います。最近ではさらにシンプルに、葬儀のみで通夜の法要は行われないケースもあります。そして通夜を行わない場合、僧侶による読経なども告別式だけに行われるケースが多いです。
葬儀や告別式のあと、火葬場にて「火葬」します。通夜も葬儀も行わず、火葬のみを行う「火葬式」だけで済ますこともあるようですが、まだ一般的ではないでしょう。
葬儀や告別式の後に自宅や斎場もしくはお寺などで「会食」を行うこともあります。葬儀や告別式に参加した者が弁当などを一緒に食べながら故人を偲ぶ会なのですが、一般的な家族葬プランには、その会食代は含まれていないのが多いです。
その他の行事としては、「法要」と呼ばれるものがあります。「初七日」という言葉を聴いた事がないでしょうか?亡くなってから7日後に行われ、僧侶に読経をあげてもらうものですが、家族葬では省略されか、告別式に続いて行われるケースが増えています。

家族葬の特徴

墓地「家族葬」とは、読んで字のごとく故人の家族や親族のみで行う葬儀ですが、友人等ごく近しい縁者も加えた「小規模、もしくは少人数で行う葬儀」という意味でもあります。この「小規模・少人数」は、葬儀社のプランにもよりますが、20~30名以下が集う葬儀と認識しておけばよいでしょう。
この家族葬の葬儀は船橋で営まれていたものをテレビが報道することによって広く知られるようになりましたが、現在首都圏では約60%もの葬儀が、この家族葬であると言われています。これは、核家族が当たり前になり、一昔前ならば隣近所どころか一村総出で営まれる弔事に、「わざわざあまりした親しくない人を呼ばなくとも」もしくは「大規模な法事は面倒だしお金もかかる」という心理も働いて、増えているのでしょう。
実際、会葬者を家族や親しい方に限定することで、喪主や遺族の精神的な負担は軽くなり、葬儀費用も安く済む場合もありますから、今後は都市だけではなく、地方でも広まっていく形式ではないでしょうか。
葬儀社にもよりますが、家族葬の費用の目安は、60万円から100万円ほどです。もちろん祭壇を生花で飾ったり、葬儀の後に会食の席を設けたりすれば、その分費用が嵩みます。

お葬式の費用

遺影お葬式の必要な費用には、どのようなものがあるでしょうか?一般的な葬儀の費用は、次の3つです。1、葬儀本体(一式)の費用。2、寺院費用。3、飲食接待費用。これら3つを合計したものが、いわゆる葬儀費用です。
葬儀社に葬儀の手配を頼んだ場合、「見積書」をくれます。しかしその見積もりには葬儀本体(一式)の費用と最低限の飲食接待費用の費用しか記載されていない事が多いです。ですから、葬儀社の見積書をみて、「葬儀費用はこれだけで済む」とは思わないようにしましょう。特に葬儀社の「家族葬プラン」には、葬儀本体(一式)の費用しか含まれていない事がほとんどです。僧侶に読経をあげてもらいたい、葬儀のあと簡単に会食したいというのであれば、その分の費用は別に用意しておく必要があります。
こう書いていくと、お葬式では出費ばかりと考えるかもしれませんが、香典などの「収入」もあります。「故人を偲び、お別れする厳粛な葬送に関して何を不謹慎な」と御不快に思われるかもしれませんが、香典には相場があります。そして会葬者の人数や顔ぶれによって、どのくらい香典が集まるかを予想出来ます。ですから葬儀費用とは、出費と収入の差し引きで考えるべきものだと言えるのです。

▲ ページトップへ